自己破産は債務整理方法の一つで、債務の支払いの免責を受けられるという法的な制度です。

誰でも自己破産できるというものではなく、債務の支払いが不能であると認められた上で、過去7年以内に自己破産による免責を受けていない人に限られます。

また、免責不許可事由に該当すると、自己破産が認められないこともあります。

免責不許可事由というのは、債務の理由がギャンブルや浪費だったり、債務契約の際に虚偽があった場合などです。

それに、債務の支払いの免責を受けられる代わりに、一定の財産も手放すことになりますから、解約返戻金の金額によっては生命保険も解約する必要があるかもしれません。

任意整理、個人再生と同様に、自己破産も信用情報機関に事故情報として登録されるため、約7年間は借入れができないものと思った方がいいでしょう。

それから、官報に載る他、一定期間、本拠地の市町村役場の破産者名簿に記載されることになっています。

自己破産をすると、本人は債務の支払いの免責が受けられますが、債務がなくなるわけではないので、保証人に支払い責任が生じます。

保証人がいる場合には、保証人にも予め相談しておいた方がいいですね。

 

債務整理とは