どんなことに気を付けて、海外でのキャッシングをすることになったら利用すれば良いのでしょうか。ATMなどですぐに融資が受けられる海外キャッシングは、海外で現金がいることになってときに非常に役立ちます。海外旅行に行く場合は、想定外の出来事があっても対応できるよう、キャッシングの方法などを調べておくといいでしょう。海外でキャッシングを使う場合、借入金額以上のお金が三種類かかります。ATMの手数料と、キャッシングの利用料金と、為替レートの変動による差分とです。日本でいうと他の銀行ATMを利用してお金をおろしたときにかかる手数料が、ATM利用料というものです。手数料はそんなに大金ではないので、そこまで気にするようなものではないでしょう。日本国内でキャッシングを使うときと同じように必要な手数料が、キャッシングの利用料金というものです。為替レートとは、現地通貨と日本円の交換レートです。海外でキャッシングをする場合、現地通貨で借り入れ、日本円で返済することになります。交換レートはTISレートを基準に、カード会社ごとに上乗せ金額が決まっています。VISAカードはTISレート+0.5円、CITYBANKならTISレート+4%などです。思ったより差は大きいので、あらかじめ海外でキャッシングをする可能性があるときにはチェックしておきましょう。